住宅地の地価が大幅下落

 阪神電鉄の神戸から西宮にかけての工業地帯の多くが住宅地に転用されるいっぽうで、たくさんの人が大阪や宝塚、三田など他のエリアに移り住んだ結果、とりわけ阪神電鉄線沿線の海側の土地は、震災前の5分の1程度に値下がりしたが、まだ広大な空地が残っている。

土地

 住宅地の地価が大幅に下落しているのは阪神電鉄線沿線だけではない。
震災前に高級住宅が建ち並んでいた山側も同様だ。
かつて阪神で最も高級な住宅街といわれた芦屋市の六麓荘町は、一区画が300坪から500坪あるような高級住宅街であるが、いまは震災前の5分の1ほどの価格にまで値下がりしている。

グラフと電卓

 なぜそのようなことになったのか。
私か学んだ神戸の甲南学園時代の友人たちと話し合ったことがある。
神戸製鋼所や川崎製鉄、川崎汽船、住友金属、住友商事、日商岩井、トーメン、さらには旧住友銀行(合併して三井住友銀行)や旧三和銀行(合併して三菱東京UFJ銀行)までもが本社機能を東京に移していて、東京一極集中が進行していることが原因だろうという結論になった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>